LOLを上手くなるには

このタイトルの記事を読む人間は、プレイ時間を増やせば上達出来る。

プレイしていたらどんどん発見があるし、意識しなくても身についてくる。

何も考えずにノーマルかランクを続けていれば上達出来る。

AI相手だと相手の行動が決まっているのでダメ。

これだけでは物足りないので、私の体験談を話す。

この記事はパッチ13.22の時に作成されました。

シーズン4

レベル3からひたすらノーマルでレベル30までノーマルをやった。

ノーマルではフリーチャンピオンが12体ほどいたので、プレイしたこと無いやつをとりあえず1回はプレイして、全てプレイした後は統計サイトで一番BAN率の高いジャックストップのみをやった。

ノーマルでは統計サイトで一番BANされているチャンピオンをやった。
BAN率が高い=強いとの仮定に基づく。

合計試合数が240試合ぐらいでレベル30になった。

そこからはランクモードのみをやった。

当時はロールが予め決まっていなかったので、
ピック画面でTOP,JG,SUPとコールして余ったところに行った。

大体ランク戦を200試合やるとゴールドになった。

LOLを開始した時点から一番性能の高いキャラを使うことを意識した。

スマブラXではメタナイトを使っていた。

まずは一番性能の高いチャンピオンを使う。

パッチが変わってジャックスがナーフされたので、次はレネクトンとか触ってた気がする。

ジャングルはワーウィック、サポートはレオナとブリッツクランクだけを使っていた。

シーズン終わりにダイアモンド5になれた。大体ダイアになるのに半年ぐらいかかった。

Ping煽りもチャットファイトもしていた。

シーズン5

ここでもワーウィックを使っていた。

NAのpingが160msとかだからテクニカルチャンピオンは使えない。

対象指定オンリーで戦っていた。

慣れてきたら自分のプレイ環境に合わせた最適なチャンピオンを選ぶ。

今は日本サーバーが出来てpingも30ms以下だと思うので、統計サイトで強い奴を使えば良い。

わざわざ性能の低いチャンピオンには手を出さなくて良い。

シーズン終わりにNAダイアモンド1になった。ずっとソロ。

Ping煽りもチャットファイトもしていた。

シーズン6

NAサーバーが移転してpingが200msになったので、台湾サーバーでプレイするようになった。

台湾サーバーではチャンレジャー20位ぐらいになった時に日本サーバーが実装された。

日本サーバーの方がpingが15msぐらいでめちゃめちゃ快適だったので台湾は辞めた。

日本では当然にチャレンジャーでシーズンを終えた。

合計プレイ時間は大体毎日5時間やっていたので、開始から2年と考えると700*5=3500時間ぐらい。

Ping煽りもチャットファイトもしていた。

ここでプレイを辞めておくべきだった、
チャレンジャー到達後にソロでやれることは殆どない。

今もソロでずるずると続けてしまっている。

終わりに

LOLを上手くなるには、

  • パッチごとの最強のチャンピオンをプレイする
  • プレイ時間を増やす
  • 味方にブチ切れる

これだけで良い。

座学なんかやらなくてもプレイ時間を増やせば身についてくる。

深く考えずに、プレイを継続しよう。

他人と一緒にプレイするならプラチナ以上の人間とやるべき。
自分がプラチナ未満でもプラチナ以上のプレイヤーとやるべき。

あまりにも低レートと一緒にやっていると下手になる。

3 怒りは人を強くする。

難易度の高いゲームはブチ切れていた方がクリアしやすくなる! - ナゾロジー
「どんな困難に直面しても常に冷静でいなさい」とは、誰もが人生の中で一度は受ける大切な教えです。 しかし難しいタスクに取り組むときは、冷静でいるより怒った方がいいかもしれません。 米テキサスA&M大学(A&M)はこのほど、難度の高いゲームやタ...

常にニコニコしてる奴は上達が遅い。
ただ、メインアカウントでキレるのは良くない。
匿名のサブアカウントでキレて発散すべし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました